読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたこと、不思議に思うこと

普段の生活の中で、「あっ!」とか「あれ?」とか思ったことを書いていきます。読んでくださった人に少しでも響いたら、うれしいです。

文章の書き方

仕事柄、論文やレポートを、必要に迫られて書くときがあります。

そんな話を知人にしていたら、ある本を勧められました。「論文の教室」という本で、戸田山和久さんという、大学の先生が書かれたものです。
https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4%E2%80%95%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8B%E3%82%89%E5%8D%92%E8%AB%96%E3%81%BE%E3%81%A7-NHK%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-No-1194-%E6%88%B8%E7%94%B0%E5%B1%B1/dp/4140911948

こういった本は、あまり面白くない(失礼!)ものが多く、電化製品の説明書や、なにかの指南書のように、必要な時に必要なところだけ参照して使うものと思っていました。

ですが、この本は違いました。登場人物は、論文を書くのが苦手な学生と、指導教官。学生のだめっぷりと、それをおちゃらけて指導する教官のやり取りが面白いです。それでいて、読者が論文を書くのに必要なことは、しっかり入っています。

この本、大学生だけでなく、ある程度の分量の文章を書かなければいけない社会人の方にも、オススメです!